100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

コルチゾールの役割とは?別名「ストレスホルモン」とも呼ばれる

雑学

心身がストレスを受けると、身を守ろうと副腎皮質から
コルチゾールの分泌が増えるので、ストレス測定に使われる。

【主な役割】

  • 肝臓で糖を作る
  • 脂肪を分解する
  • 免疫抑制、抗炎症作用を持つ
  • 筋肉でタンパク質を代謝する

参考サイト

ストレスホルモン「コルチゾール」と副腎の関係 | コラム|小西統合医療内科
緊張や恐怖が具体的に身体にあらわれるのはストレスホルモンの作用です。副腎で分泌されるコルチゾール量を正常にし、心身の強さを取り戻しましょう。
タイトルとURLをコピーしました