100文字でわかる百科事典『100文字百科』

印刷

スポンサーリンク
その他

【印刷】「右綴じ・左綴じ」どっちがどっちかわからない時の覚え方

表紙を上にした時に右側が綴じていたら「右綴じ」。表紙を上にした時に左側が綴じていたら「左綴じ」。文字が縦書きなら「右綴じ」。文字が横書きなら「左綴じ」。 参考サイト
その他

「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」の違い。版を使うか否か

「オンデマンド印刷」は家のプリンターのように版を使いません。そのため少数印刷かつスピード対応が可能です。「オフセット印刷」は版を使います。そのため印刷の質が高く、大量印刷に向いています。 参考サイト
印刷

【印刷製本】180度開く見開きハードカバーを作りたい。合紙綴じ(フルフラット)を使おう

画像出典: 合紙綴じ(あいしとじ)は紙の裏面同士を貼り付ける製本方法です。そのため、紙が分厚く丈夫で、180度見開きで開くことができます。 参考サイト
スポンサーリンク
印刷

【印刷製本】「中綴じ」と「無線綴じ」の違い。メリット・デメリット

画像出典: 【中綴じデメリット】 ページ数が4の倍数必須ホッチキスで止めるので多いページ数は無理 【無線綴じデメリット】 ノド(根本)が完全に開かない糊付けするのでページ数が少ないと無理 ...
印刷

製本の仕組みを解説。印刷用語「面付け」とは?

画像出典: 大きい紙に複数ページを印刷することを印刷用語で「面付け」と呼びます。面付けした紙を折って、裁断することで効率的に製本できます。 参考サイト
その他

印刷用PDF「X-1a」と「X-4」どっちを使えばいい?「X-4」が主流

「X-1a」と「X-4」は印刷用PDFです。「X-4」は「X-1a」にプラスして「透明効果」に対応しているため「X-4」の方が主流となっています。 参考サイト
その他

名刺・チラシなど印刷物推奨「文字・線の太さ」最小サイズの目安。文字6pt以上。線の太さ0.3pt以上

【文字】4ptでもギリ読める。推奨は6pt以上。【線の太さ】0.25ptまたは0.3pt以上推奨が多いが0.5pt以上あると安心。※紙や色の組み合わせがあるので、あくまで参考程度でお願いします。 参考サイト ...
印刷

注意!「商業漫画の原稿用紙」と「同人誌用の原稿用紙」はサイズが違う

一般的な商業漫画の原稿用紙はB4サイズ。仕上がり線310mm×220mm、内枠270mm×180mmです。 同人誌用の原稿用紙はA4サイズ。仕上がり線257mm×182mm、内枠220mm×150mです。 ...
その他

【印刷の基本】「スミベタ・リッチブラック・4色ベタ」それぞれの黒の違い

スミベタとはCMYKのKのみを100%にした黒のこと。↓スミベタの詳細は下リンクから。 リッチブラックとはCMYKの配分をC40、M40、Y40、K100にした黒のこと。↓リッチブラックの詳細は下...
その他

【印刷の基本】リッチブラックの黒のメリットとデメリットとは?

リッチブラックとはCMYKの配分をC40、M40、Y40、K100にした黒です。スミベタより深みのある黒になりますが見当ズレ(紙の収縮によって起こる僅かなズレ)が起こりやすく細かい文字や線には不向きです。 参...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました