100文字でわかる百科事典『100文字百科』

illustrator

スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

illustratorでガイド線をアートボードの中央に配置する方法

「①ガイド線」を選択。整列ウィンドウの「②アートボードに整列」を選択。「③中央に整列」を押すとガイド線がアートボードの中央に移動します。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)で徐々に透明になるグラデーションを作る方法

①「白黒のグラデーション」と「透明にしたいオブジェクト」を用意します。②その2つを重ねます。②を選択した状態で、透明ウィンドウの③を押して「不透明マスクを作成」を選択。すると④のように徐々に透明になります。 ...
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)でブラシ(線)をクレヨン風にする方法

①のような図形を作ります(0.5mmくらい)。①を選択した状態で②ブラシを選択。③を押して④のプラスボタンを押します。 「散布ブラシ」を選択。 上画像と同じ設定にするとクレヨン風ブラシが...
スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

illustratorでアートボードを回転する方法。「回転ビューツール」を使う

「Shift+H」を押すとカーソルが「回転ビューツール」になります。そのまま作業画面を触ると、アートボードを回転させることが可能です。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustratorでストライプ(縞模様)などパターンを簡単に作る方法

まず①のように正方形のデザインを作ります。①のデザインを②のスウォチパネルにドラッグ。オブジェクトを選択した状態で、先ほどドラッグしたデザインをクリック。すると③のようにパターン模様を反映できます。 参考サイ...
Adobe(アドビ)

illustratorに「リンクした元画像」が入ったフォルダを簡単に調べる方法

イラストレーターの「①リンクウィンドウ」を開く。「②リンクした画像」を選択。「③ファイルの位置」に元画像が入っているフォルダの場所が表示されるのでクリックするとフォルダが開きます。
Adobe(アドビ)

illustratorで急にオブジェクトが拡大縮小できない時の原因と対処方法

原因はオブジェクトのバウンディングボックスが表示されていないから。illustratorの上メニューから「表示→バウンディングボックスを表示」でオブジェクトが拡大縮小できるようになります。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)で文字列を検索・置換する方法(やり方)

illustratorの上メニューから「編集→検索と置換」を選択。「検索文字列」で検索したい文字列を「置換文字列」で置換したい文字列を入力し、検索・置換が可能です。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustrator「前面・背面貼り付け」を使い分けるショートカット

「Ctrl+C」でオブジェクトをコピー。もしくは「Ctrl+X」でオブジェクトを切り取り。「Ctrl+V」で普通の貼り付け。「Ctrl+F」で前面貼り付け。「Ctrl+B」で背面貼り付け。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)で画像を一括で埋め込む方法(やり方)

「①リンクアイコン」をクリック。埋め込みたい画像をShiftを押しながら複数選択。②を押して「画像を埋め込み」を選ぶと一括で埋め込みができます。ちなみに③のアイコンが出ている時は埋め込みができていません。 参...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました