100文字でわかる百科事典『100文字百科』

Photoshop

スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

テキスト編集中に文字を移動させるショートカットは「Ctrl」(フォトショップ)

テキスト編集中は「V(移動ツール)」が使えません。そのため「V」の代わりに「Ctrl」でテキストを移動させることができます。
Adobe(アドビ)

グリッド(網目)の幅を変更する方法(フォトショップ)

Photoshopの上メニューから「編集→環境設定→①ガイド・グリッド・スライス」を選択。②に数値を入力するとグリッドの幅が変更されます。 参考サイト
Adobe(アドビ)

フォトショップに外部のフォントデータを追加する方法

Creative Cloud デスクトップアプリから「①f→② Creative Cloud にフォントを追加」を選択します。最後に外部からダウンロードしたフォントデータをアップロードすれば完了です。
スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

フォトショップからPDFの入稿データを作成する方法

フォトショップ上記メニューから「ファイル→別名で保存→Photoshop PDF」を選びます。「Adobe PDFプリセット」を「PDF/X-4:2008(日本)」にして書き出せば完了です。 参考サイト ...
Adobe(アドビ)

フォトショップ解像度が72dpiなのに保存すると96dpiになる時の対処法

「ファイル→Web用に保存」などではなく「ファイル→別名で保存」で保存すれば72dpiになります。 参考サイト
Adobe(アドビ)

フォトショップのラインツールが矢印になる時の対処法

ラインツールを選択後、①を右クリック。「ツールを初期化」を選べば普通のラインが引けるようになる。 参考サイト
Adobe(アドビ)

フォトショップで素材を整列させる方法。複数のレイヤーを選択で整列可能

1つのレイヤーを選択しただけでは整列できない。複数のレイヤーを選択した状態で「プレパティパネル→整列と分布」から整列ができる。 参考サイト
Adobe(アドビ)

フォトショップのレイヤーが赤くなり操作できない時の解決方法。原因は「クイックマスクモード」になっているから

「クイックマスクモード」はショートカットの「Q」を押すと解除され、通常通り操作できるようになります。 参考サイト
Adobe(アドビ)

フォトショップの「属性パネル」は「プロパティパネル」になりました

「属性パネル」がないと思った方はPhotoshopの上メニューから「ウィンドウ→プロパティ」で「プロパティパネル」を探してみて下さい。 参考サイト
Adobe(アドビ)

Photoshop(フォトショップ)簡単に矢印を作る方法

①ラインツールを選択②歯車マークを押す③終了点をチェック。三角部分の幅と長さを設定すれば矢印が完成する。 参考サイト
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました