100文字でわかる百科事典『100文字百科』

Photoshop

スポンサーリンク
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】選択範囲を数値指定する方法

選択範囲を作成。上メニューのスタイルを「固定」にする。するとスタイルの右横の覧「幅」と「高さ」で数値指定ができます。 参考サイト
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】画面いっぱい(ギチギチ)の正円の選択範囲を作る方法

画面内に正円を作る。「Shift」を押しながら正円を画面いっぱいに広げる。正円のレイヤーを「Ctrl」を押しながら選択。すると画面いっぱいの正円の選択範囲ができる。
◆Adobe(アドビ)

iPad版「Adobe Fresco」でPhotoshopレイヤーを編集する方法

Photoshopレイヤーを選択。「①…」を選択。「②ピクセルレイヤーに変換」を選択すると編集できるようになる。
スポンサーリンク
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】インデックスと表示され、編集できない時の対処方法

Photoshop上部メニューから「①イメージ → ②モード」を選択。③の「RGBカラー」か「CMYKカラー」を選ぶと編集できるようになる。 参考サイト
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】「アートヒストリーブラシツールを使用できません。ヒストリー画像に対応するレイヤーがありません。」の対処方法

レイヤーを選択しているのにアートヒストリーブラシが使えない時はPhotoshopを1回閉じて、再度開きなおすと使えるようになります。
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】画像にノイズを追加する方法

ノイズを追加したい画像を選択した状態でPhotoshopの上メニューから「フィルター → ノイズ → ノイズを加える」でノイズを追加できます。
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】AIを使って、写真のノイズを除去(削除)する方法

「Photoshop」の上部メニューから「フィルター → ニューラルフィルター → JPEGのノイズを削除」を選択するとAIを使ってノイズを除去できます。 参考サイト
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop・illustrator】制作内容を簡単にリンクで共有する方法

右上の「①共有」を選択。「②リンク」で、リンクをコピー。このリンクで、制作内容を確認・共有できます。制作内容が更新された時は「③コンテンツを更新」を押します。すると、同じリンクで、最新の制作内容を確認できます。
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】PDFの背景を透過(透明)して書き出す方法。高品質印刷を使って解決

PhotoshopでPDFを書き出す時に「Adobe PDFプリセット」を「高品質印刷」にして書き出すとPDFの背景を透明にして書き出せます。
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】PDFで背景を透過(透明)して書き出す方法。illustratorを使って解決

背景を透明にしたPhotoshopをillustratorで開きます。illustratorからPDFを書き出すと、背景を透過した状態で書き出せます。
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】画像のノイズを減らす方法

Photoshopの上部メニューから「フィルター → ノイズ → ノイズを軽減」で画像のノイズを減らせます。 参考サイト
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop、illustrator】カラー設定を確認する方法

Photoshop、illustrator、共に上部メニューから「編集→カラー設定」で確認できます。ちなみにPhotoshop、illustratorで同じカラー設定に合わせた方が望ましいです。 参考サイト
◆Adobe(アドビ)

【Photoshop】カラープロファイル(ICCプロファイル)は埋め込んだ方がいい

保存する時に「カラープロファイル」を埋め込むチェックボックスの覧があると思います。これは埋め込みましょう。埋め込むことで作業環境による色合いのずれが解消されます。 参考サイト
スポンサーリンク