100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

【確定申告】帳簿の「仕丁(しちょう)」と「元丁(もとちょう)」とは?答え:転記元のページ番号を記載する欄

お金

仕訳帳には「元丁」欄、
総勘定元帳には「仕丁」欄がある。
元丁・仕丁それぞれに転記元のページ番号を記載します。
ただ、前期繰越、次期繰越の場合は
ページ番号を記載する必要が無いのでチェックマークを付けます。


参考サイト

簿記の、仕丁と元丁ってなんですか? - 仕訳帳とか総勘定元帳に、仕丁と元丁が出てくるんですが、なんなんですかね、(--)何をどうやって... - Yahoo!知恵袋
簿記の、仕丁と元丁ってなんですか? 仕訳帳とか総勘定元帳に、仕丁と元丁が出てくるんですが、なんなんですかね、(--)何をどうやって記入したらいいのかわかんないですっ!!授業で聞き逃しちゃいましたー簿記が得意な方~、説明してください!!(>_
元丁のチェックマークってどういうときに使われるんですか? あと左が前月繰越で右が次月繰越なのはなぜですか? - Clearnote
取引が発生したら必ず【仕訳帳】⇒【総勘定元帳】という順番で記帳がされます。 仕訳帳はパッとみてどんな取引が行われているかわかる帳簿で、 総勘定元帳は取引によって勘定がどれだけ増減したらわかる帳簿です。 仕訳帳から総勘定元帳へ書き写すことを転記といいますが、 この時にちゃんと転記が終わったかどうかを示すのが仕...
タイトルとURLをコピーしました