100文字でわかる百科事典『100文字百科』

神経伝達物質

スポンサーリンク
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「エンドルフィン」とは?別名、脳内麻薬

エンドルフィンはモルヒネの約6.5倍に及ぶ鎮痛作用があると言われる。また、高揚感や満足感が高まる現象「ランナーズハイ」はエンドルフィンによってストレスを緩和するために起きる現象と考えられている。 参考サイト ...
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「アセチルコリン」とは?副交感神経と関係がある

ノルアドレナリンは交感神経。アセチルコリンは副交感神経に関係があります。アセチルコリンがあることで、体がリラックス状態になります。 参考サイト
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「メラトニン」とは?睡眠に関係のあるホルモン

メラトニンには催眠作用があり、体内時計と環境光の両方によって分泌量が調節されています。夜中に強い照明の中にいるとメラトニンの分泌が減り、睡眠覚醒リズムが乱れる原因となります。 参考サイト
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「オキシトシン」とは?別名愛情ホルモン

オキシトシン濃度が上昇すると、相手への信頼感が増し、執着心や愛情が高まる。オキシトシンは、愛撫や抱擁など皮膚接触で分泌がうながされる。別名、愛情ホルモンとも呼ばれる。 参考サイト
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「セロトニン」とは?「平常心」を保つ

セロトニンはドーパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし「平常心」を維持します。脳内の指揮者のような働きをするホルモンです。 参考サイト
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「ノルアドレナリン」とは?正体は「火事場の馬鹿力」

「火事場の馬鹿力」=ノルアドレナリンです。緊張、不安、集中、積極性に関係しています。ストレスがかかると放出され、心拍数を上げたり、記憶力を向上させたり、情報処理のスピードを上げたり、一気に臨戦態勢にします。 参考サイ...
雑学

【神経伝達物質】脳内ホルモン「ドーパミン」とは?「快楽物質」ではなく「期待物質」

ドーパミンは感情、意欲、学習、運動などに関わっており、ワクワクすると分泌します。映画を観て面白いではなく、面白そうの段階で出るのです。余り知られていませんが、満腹中枢神経も刺激するので、お腹が空きにくくなります。 参...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました