100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

【神経伝達物質】脳内ホルモン「エンドルフィン」とは?別名、脳内麻薬

雑学

エンドルフィンはモルヒネの約6.5倍に及ぶ鎮痛作用があると言われる。
また、高揚感や満足感が高まる現象「ランナーズハイ」は
エンドルフィンによってストレスを緩和するために起きる現象と考えられている。


参考サイト

β-エンドルフィン
脳内で働く神経伝達物質の一種。鎮痛効果や気分の高揚・幸福感などが得られるため、脳内麻薬とも呼ばれる。
幸せ感よぶ脳内ホルモン 「エンドルフィン」の作り方|ヘルスUP|NIKKEI STYLE
過去のできごとを悔やみ将来を悲観しながら生活するより、今を楽しみ希望を抱いて過ごす方が生活の質は高まる。元気に暮らす人たちに共通する特性だという。そんな姿勢をどうやって身につければよいのか、なかなか難しいが、手掛かりはある。脳内ホルモン「…
エンドルフィンで幸せになろう! “脳内麻薬”エンドルフィンとは?
皆さんは「エンドルフィン」という言葉を聞いたことがありますか?「エンドルフィン」とは脳内で作り出される神経伝達物質であり、それが多く体内で作り出されると、わたしたちはモルヒネ同様の多幸感を抱くことが…
タイトルとURLをコピーしました