100文字でわかる百科事典『100文字百科』

アフターエフェクツ

スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

動画の一部を静止画として書き出す方法(アフターエフェクト)

書き出したいフレームを表示した状態で上記メニューの「コンポジション→フレームを保存→ファイル」 レンダリングを押すとフォトショップが書き出される。書き出されたフォトショップを開き画像で保存すれば完了。 ...
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)指定した範囲内を動画で書き出す方法。ワークエリアを設定すればOK

丸で囲んだ部分でワークエリアを設定できます。ワークエリアの部分が動画として書き出されます。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)タイムラインをスッキリさせる方法。「シャイレイヤー」の非表示を使おう

①を押して「シャイレイヤー」をONにしましょう。②を押すとONになった「シャイレイヤー」が非表示になりタイムラインがスッキリします。 参考サイト
スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)書き出した動画がなぜか0秒。短い動画になる時の解決方法

動画の始まりを「I(アイ)」。動画の終わりを「O(オー)」で指定してあげれば指定範囲を書き出すことができる。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)素材の黒背景を透過させる方法。「チャンネルコンバイナー」と「カラーマット削除」を使う

エフェクトから「チャンネルコンバイナー」を①と同じに。「カラーマット削除」を②と同じにすれば背景の黒が透過する。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)「エラー:オーバーフロー比分母変換」の解決方法。原因は「コンポジション」と「動画」のフレームレートのずれ

音ズレの原因になるのでアフターエフェクトではなく「Adobe Media Encoder」で「動画」のフレームレートを変更。「コンポジション」と同じ数値に合わせれば解決する。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)簡単に文字を1文字ずつ出すアニメーション「タイプライタ」の場所

「エフェクト&プリセット」から「①アニメーションプリセット→②Text→③Animate In」「④タイプライタ」をレイヤーにドラッグすればOK。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)リンク切れの差し替えができない時の解決方法。原因は複数画像が設定されるから

「①素材」を右クリック。「②フッテージの置き換え→③ファイル」で差し替え素材を選択。本来であればこれでOK。④のように複数画像になる時は 「①PNGシーケンス」のチェックを外す。 参考サ...
100文字以上

After Effects(アフターエフェクト)タイムライン・プレビュー・キーフレームなど「便利なショートカット」まとめ

普段は100文字以内で様々なことを解説している「100文字百科」ですが、今回は100文字以上の特別大ボリュームで「After Effects」の便利なショートカットをご紹介します。【タイムライン】Ctrl + → or ← 1フレーム進む...
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)音声や効果音にエコーを付けたい時は「リバーブ」を使う

「リバーブ」の場所は「エフェクト&プリセット」→「オーディオ」の中に入っています。「リバーブ」を音声バーにドラッグするとエフェクト効果が付きます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました