100文字でわかる百科事典『100文字百科』

カメラ

スポンサーリンク
Google

Googleクロームでスマホカメラのアクセス許可を求められた時の解決方法

スマホカメラのアクセス許可を求められたページ上部のURLが記載された部分にある「カギマーク」をタッチします。「カメラへのアクセス」の部分がブロックになっているのでタッチして許可すると解決します。 参考サイト ...
カメラ

【カメラ】ストロボと定常光の違い(メリット・デメリット)

【ストロボ】 色が良い強い光を放てる瞬間光なので仕上がりがイメージしにくい 【定常光】 小型、軽量、省エネな機材が多いストロボに比べると光が弱い常に光っているので仕上がりがイメージしやすい ...
カメラ

各印刷物に必要なカメラの画素数一覧

A6:207万画素A5:413万画素A4:830万画素A3:1,660万画素A2:3,319万画素A1:6,646万画素A0:13,303万画素※印刷解像度300dpi時の必要画素数です 参考サイト ...
スポンサーリンク
カメラ

【カメラ撮影のコツ】白飛び・黒潰れは、明暗差を少なくすればOK

カメラによって処理可能な明るさから暗さの光の範囲(ダイナミックレンジ)が決まっています。そのため白飛び・黒潰れする時はその範囲を超えないように明暗差を少なくしましょう。 参考サイト
カメラ

一眼レフカメラで画素数が多いと逆に性能が落ちる場合がある

イメージセンサー(撮像素子)が大きいと光を多く取り込め、色域の表現幅が上がる。しかしイメージセンサーが小さいのに画素数が無駄に多いと1画素あたりの撮影素子の割合が低くなり低品質な画像になってしまう。 参考サイト ...
カメラ

【カメラ】イメージセンサー(撮像素子)大きさの種類。大きいほど光を多く取り込め高性能

引用: 【中判】44×33mm【フルサイズ】36×24mm【APS-C】23×15mm前後【フォーサーズ(4/3)】17.3×13.0mm【1型】13.2×8.8mm【2/3型】8.8×6.6mm【1/1.7型】7.6×5.7mm【...
カメラ

Canon(キャノン)一眼レフカメラ基本がわかる「早わかり使い方」

「一眼レフカメラ」の概要がわかる「早わかり使い方」を作りました。上の画像をクリックするとPDFが開きます。ダウンロードや印刷をして、ご自由にお使いください。
カメラ

【CANONキャノン】一眼レフカメラ露出モード(A-DEP・M・Av・Tv・P)使い分け方

A-DEP:ピンボケ防止(絞り値が最大になる)M:マニュアル(自分で自由に設定できる)Av:Aモード(絞り値優先)Tv:Sモード(シャッター速度優先)P:プログラムオート(絞り値とシャッター速度優先) 参考サイト ...
カメラ

一眼レフカメラ撮影後に編集する時は「RAW(ロウ)画像」で撮ろう

ROW画像の拡張子は「.cr2」。JPEGやTIFFより細かい調整が可能。「Adobe Photoshop Lightroom」などで編集できる。 参考サイト
カメラ

一眼レフカメラ3つの基礎「絞り(ピント範囲/被写界深度)」・「シャッタースピード(ブレ具合)」・ISO感度(明度)」

【絞り】F/11〜22は全体的にピントが合うが暗くなる。【シャッタースピード】1/250〜2000はブレにくいが暗くなる。【ISO感度】1600以上は明るくなるがノイズが目立つ。 参考サイト
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました