100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

【接客・販売業向け】もう税率が上がっても大丈夫!次世代のPOSレジ「スマレジ」

お金
画像出典:スマレジ

普段は100文字以内で様々なことを紹介・解説している「100文字百科」ですが、今回は100文字以上の特別大ボリュームで次世代のPOSレジである「スマレジ」の魅力を解説します。
※この記事には一部PRが含まれます

「スマレジ」って何?

スマレジ」は大阪の会社「株式会社スマレジ」が作る次世代のPOSレジシステムです。店舗スタッフが選ぶ「サポートが充実している」と思うクラウドPOSレジNo.1。店舗スタッフが選ぶ「信頼できる」と思ラウドPOSレジNo.1。店舗経営者が選ぶ「品質が良い」と思うクラウドPOSレジNo.1。の3部門でNo.1を獲得しています。

接客・販売業の皆さん。こんな悩みありませんか?

  • 税率が変わるたびに、レジのメンテナンスが大変
  • 売上を確認しに、店に行くのがめんどくさい
  • POSレジの値段が高すぎる
  • レジの操作が難しい

これらの悩み。全て「スマレジ」なら解決することができます。

クラウド管理の「スマレジ」

「クラウド」とは、とても簡単にいうとネットにつながっているという意味です。従来のレジは清算するだけのものでしたが、ネットにつながっていると様々な恩恵を受けることができます。その一部をご紹介しましょう。

自動的にアップデート

消費税の税率が変わった時に従来であれば業者を呼んで、POSレジをメンテナンスしないといけません。これって結構な手間と支出ですよね。でも「スマレジ」はネットにつながっているので、自動的にアップデート。税率の変化にも対応してくれます。

売上管理をネット上で

スマレジ」はネットにつながっているので、売り上げをリアルタイムで管理できます。なのであなたがお店のオーナーであれば、売り上げを確認しにわざわざお店に行く必要がありません。自宅でポチッで大丈夫です。またデータが蓄積されるので、便利なデータ分析ができます。在庫管理や顧客管理、売上分析など様々な分析が可能です。

「スマレジ」はゼロ円から始められる

画像出典:スマレジ

スマレジ」では特別な機器は使用しません。市販のタブレットやスマホに、アプリをダウンロードして使います。もっと機能を増やしたいとなった場合は、バーコードリーダーや、自動釣銭機、レシート印刷プリンターなど、専用の機器を購入し「スマレジ」と組み合わせて利便性を良くします。機器の購入には「IT導入補助金」を適用できます。最大で4分の3が補助されるので大変お得です。

「スマレジ」選べる5つのプラン

画像出典:スマレジ

スマレジ」は5つのプランから必要な物を選ぶことができます。ゼロ円のスタンダードプランがあるので、「スマレジ」気になるなぁ…という方は、とりあえず無料で始めてみるのもありじゃないでしょうか。

  • スタンダード(無料):基本的なPOSレジ機能を備えた、気軽に使える無料プランです。
  • プレミアム(月額4,400円):複数の店舗で利用できるプラン。売上データを一括管理できます。
  • プレミアムプラス(月額7,700円):顧客管理10万件、ポイント管理、電話サポートのついた上位プラン。「スマレジ」で1番人気のプランです。
  • フードビジネス(月額11,00円):スマレジ・ウェイターを使った飲食店向けプランです。
  • リテールビジネス(月額13,200円):小売・アパレル向けの、高度な在庫管理が可能なフル機能プランです。

「スマレジ」の操作は簡単

スマレジ」は市販のタブレットやスマホを使用すると先ほどお伝えしましたが、タブレットのタッチスクリーンを使うので、操作は直感的で簡単です。新しく入ってきたアルバイトさんもすぐに覚えることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。POSレジが古くなって買い換えたいという方は、これからの為にも「スマレジ」をおすすめします。「スマレジ」の詳細は↓リンクからご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました