100文字でわかる百科事典『100文字百科』

After Effects

スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)文字をバラさず1文字ずつアニメーションさせる方法

テキストから「①アニメーター」。メニューから「位置、スケール、回転」などアニメーションしたい動きを選択。「位置、スケール、回転」などの動きを設定。「②開始」で動かす範囲を決めればOK。 参考動画
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)「マスクパス」にチェックを付けるとマスクでアニメーションができる

「①マスクパス」の時計マークを押すと動きを記録するキーフレームが打たれるようになる。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)文字をキラリと光らせる「CC Light Sweep」

文字を選択した状態で上記メニューから「エフェクト→描画→CC Light Sweep」。 ①光の角度②光の幅③文字エッジの強さ④光エッジの厚さ上記でキラリ加減を設定できる。 参考サイト ...
スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)コンポジションの素材タブが開きっぱなしで見にくい時、一括で全てのタブを閉じる方法

「Ctrl+A」で素材を一括選択。「T」を押して不透明度タブを開く。もう一度「T」を押して、不透明度タブを閉じると全てのタブを一括で閉じられる。
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)オブジェクトの動きを直線的ではなく、なめらかな自然な動きにする方法

なめらかにしたい動きの「①グラフマーク」を押す。②グラフ編集画面を表示。③直線的なグラフを選択。④選択肢の中から好きな動きを選ぶと、動きがなめらかになる。
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)オブジェクトを選択しているのにアンカーポイント、バウンディングボックスが表示されない時は「Ctrl+Shift+H」で表示可能

アップルの場合は「Command+Shift+H」で表示されます。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)3D作業がプレビューで再生(反映)されない原因はレンダラーが「クラシック3D」ではなく「CINEMA4D」になってるせいかも

「①コンポジション」を右クリック。メニューから「コンポジション設定」。「②3Dレンダラー」を選択。③で「クラシック3D」を選べばOK。
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)素材(オブジェクト)バーの長さ(時間)を伸縮する方法

素材を右クリック。メニューから「①時間→②時間縮小」「新規デュレーション」に時間を入力で、バーの長さが伸縮する。
Adobe(アドビ)

AfterEffects(アフターエフェクト)動画制作で最初に設定するべき3項目「①画面サイズ (スクリーンサイズ)」、「②ピクセル縦横比」、「③フレームレート」

①画面サイズ:幅と高さの長さを決める②ピクセル縦横比:1pxの縦横比を決める③フレームレート:1秒間に何枚使用するか決める①「1920px*1080px」②「正方形ピクセル」③「29.97fps(30fps)」基本的に上記設定にし...
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)最近使用したもの(履歴)を削除する方法はない

After Effectsの最近使用したもの(履歴)を削除や非表示にする方法は、今のところ無いようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました