100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

【電気】「A(アンペア)電流」・「V(ボルト)電圧」・「W(ワット)消費電力」の違い

雑学

【A(アンペア)電流】
1秒間に何個の電子が通り抜けるかの単位。

【V(ボルト)電圧】
電気を押し出す力の大きさの単位。

【W(ワット)消費電力】
1秒間あたりの電気エネルギーの単位。

消費電力は
A×V=Wで計算できる。

【わかりやすい例え】

電気の流れ方は、たびたび水路の水の流れに例えられます。
水路の落差を電圧とすると、1秒間に流れる水量は電流とされ、どれだけの水を流したかを電力と言い換えることができます。
このことから、電流と電圧・電力はそれぞれ全く異なる要素であることがわかります。

水路の落差(電圧)が大きいほど1秒間に流れる水量(電流)は大きくなり、 落差が小さいほど水量も少なくなりますが、これは電気回路においても同じ事が言えます。
単一の電気回路であれば、回路内のどの点でも1秒間に流れる電気の量は一定となります。

引用元:https://ecodenchi.com/faq/faq-405/

参考サイト

アンペア(A)・ボルト(V)・ワット(W)のそれぞれの違いについて教えて下さい。 | 家庭用・産業用蓄電池の価格比較・無料一括見積もりサービス【エコ発蓄電池 】
A=電流・V=電圧・W=消費電力の大きさを表します。アンペア・ボルト・ワットは電気を表す単位です。アンペアは電気が流れる量(電流)、ボルトは電気を押し出す力(電圧)、ワットは消費される1秒間当たりの電気エネルギー(消費電力)を表します。
アンペアA、ボルトV、ワットWの違いを教えてください。|エコでんち
タイトルとURLをコピーしました