100文字でわかる百科事典『100文字百科』

一眼レフカメラ

スポンサーリンク
カメラ

一眼レフカメラの「イメージセンサー」と「センサーサイズ」の違い

「イメージセンサー」とは光をキャッチして画像を作り出すセンサーのことです。「センサーサイズ」とは、そのイメージセンサーの大きさのことです。 参考サイト
カメラ

Canon(キャノン)一眼レフカメラ基本がわかる「早わかり使い方」

「一眼レフカメラ」の概要がわかる「早わかり使い方」を作りました。上の画像をクリックするとPDFが開きます。ダウンロードや印刷をして、ご自由にお使いください。
カメラ

【CANONキャノン】一眼レフカメラ露出モード(A-DEP・M・Av・Tv・P)使い分け方

A-DEP:ピンボケ防止(絞り値が最大になる)M:マニュアル(自分で自由に設定できる)Av:Aモード(絞り値優先)Tv:Sモード(シャッター速度優先)P:プログラムオート(絞り値とシャッター速度優先) 参考サイト ...
カメラ

一眼レフカメラ撮影後に編集する時は「RAW(ロウ)画像」で撮ろう

ROW画像の拡張子は「.cr2」。JPEGやTIFFより細かい調整が可能。「Adobe Photoshop Lightroom」などで編集できる。 参考サイト
カメラ

一眼レフカメラ3つの基礎「絞り(ピント範囲/被写界深度)」・「シャッタースピード(ブレ具合)」・ISO感度(明度)」

【絞り】F/11〜22は全体的にピントが合うが暗くなる。【シャッタースピード】1/250〜2000はブレにくいが暗くなる。【ISO感度】1600以上は明るくなるがノイズが目立つ。 参考サイト
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました