100文字でわかる百科事典『100文字百科』

オブジェクト

スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

InDesign(インデザイン)のオブジェクトの透明度を変更する方法

透明度を変更したいオブジェクトを選択。「①プロパティタブ」の「②不透明度」をいじると透明度を変更できます。
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)オブジェクトの動きを直線的ではなく、なめらかな自然な動きにする方法

なめらかにしたい動きの「①グラフマーク」を押す。②グラフ編集画面を表示。③直線的なグラフを選択。④選択肢の中から好きな動きを選ぶと、動きがなめらかになる。
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)オブジェクトを選択しているのにアンカーポイント、バウンディングボックスが表示されない時は「Ctrl+Shift+H」で表示可能

アップルの場合は「Command+Shift+H」で表示されます。 参考サイト
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)素材(オブジェクト)バーの長さ(時間)を伸縮する方法

素材を右クリック。メニューから「①時間→②時間縮小」「新規デュレーション」に時間を入力で、バーの長さが伸縮する。
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)オブジェクトを左右反転する「リフレクトツール」の場所

illustratorの左側「回転ツール」、「拡大・縮小ツール」、「シアーツール」と同じ場所にある。 参考サイト
Adobe(アドビ)

フォトショップでオブジェクトや選択範囲の「境界線を描く」方法

オブジェクトや選択範囲を選択している状態でフォトショップの上記メニューから「編集→①境界線を描く」でOK。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)写真のフチをぼかす方法

写真やオブジェクトを選択した状態で、イラストレーターの上記メニューから「効果→ぼかし→ぼかし(ガウス)」でフチをぼかすことができる。 参考サイト
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)でオブジェクトからトンボを作る方法と、PDFでトンボを書き出す方法

作りたいトンボの大きさの長方形を作成。選択した状態で上部メニューから「オブジェクト→トリムマークを作成」でトンボ完成 PDFでトンボを書き出す時は、保存時に①から→②にチェック→③のチェックを外すでOK ...
Adobe(アドビ)

After Effects(アフターエフェクト)オブジェクトのアンカーポイントを一瞬で中央にする方法

オブジェクトを選択して上記メニューの「レイヤー→トランスフォーム→アンカーポイントをレイヤーコンテンツの中央に配置」でアンカーポイントが中央に移動する。 参考サイト
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました