100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

領収書に記載するべき内容6つ

その他
  1. 日付
  2. あて名(支払者の氏名や企業名)
  3. ただし書き(飲食代など)
  4. 金額
  5. 収入印紙(金額が5万円以上の場合)
  6. 領収書発行者情報(自身の店舗名・住所・連絡先)

参考サイト

領収書の書き方から収入印紙までを完全網羅!パーフェクトガイド【Q&A付き】
領収書について印紙税法上の定義から、書き方、収入印紙の取扱い、具体的なQ&Aまで幅広く解説していきます。領収書に関する不明点がなくなるよう、知りたい内容に応じて確認してみてください。
領収書の正しい書き方とは?ただし書きについても解説します | ビジドラ~起業家の経営をサポート~
ビジネス上の取引の際、代金を支払った者は代金を受領した者に受取証明(領収書)を請求できます。領収書は、支払う側にとって経費精算などに使う非常に重要な書類です。正しい領収書の書き方と、書き方に悩みがちな「ただし書き」について解説します。
タイトルとURLをコピーしました