100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

【印刷の基本】スミベタの黒のメリットとデメリットとは?

その他

スミベタとはCMYKのKのみを100%にした黒です。
スミベタは見当ズレの影響がないので、細かい文字や線などで使われます。
ただし広範囲のベタ塗りでスミベタを使うと

ポツポツと白抜けが発生しやすくなります。


参考サイト

印刷の黒:スミベタ(K100%)/リッチブラック/4色ベタ|データ作成ガイド|ネット印刷WAVE
「印刷の黒:スミベタ(K100%)/リッチブラック/4色ベタ」一見同じように見える黒色でもCMYKの比率によって印刷の仕上がりに影響が!黒の特徴、印刷用語や印刷に関する基礎知識をご紹介いたします。
スミベタ(K100%)とリッチブラック | ネット印刷通販のキングプリンターズ
「スミベタ(K100%)とリッチブラック」について解説。イラストレーターやフォトショップでデータ作成の参考に。「スミベタ(K100%)とリッチブラック」の画像付き解説なのでデータ作成の初心者でもわかりやすい。
タイトルとURLをコピーしました