100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

暗号資産の専門用語。Maker(メイカー)とTaker(テイカー)の違い

お金

取引所(現物)で売買が成立した際に
指値注文を出した取引参加者を「Maker(メイカー)」
その相手方となる注文発注者を「Taker(テイカー)」
と呼びます。


参考サイト

Security check
ビットコイン取引のメイカー・テイカーとは? - 【DMMビットコイン】暗号資産(仮想通貨)ならDMM Bitcoin
ビットコイン取引における「メイカー(Maker)」と「テイカー(Taker)」とは、顧客同士で暗号資産売買を行う「取引所形式」における専門用語です。
タイトルとURLをコピーしました