100文字でわかる百科事典『100文字百科』

文字

スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

【illustrator(イラストレーター)】文字にルビを振る方法

「①漢字とルビ」を選択。文字ウィンドウの「②三」から「割注設定」。③にチェック、④を「100%」、⑤を「中央揃え」にする。 ①のように文字位置が下がるので②で文字のベースラインを上げれば作業完了です。 ...
Adobe(アドビ)

illustratorで文字に影(ドロップシャドウ)を付ける方法(やり方)

文字を選択した状態でillustrator上メニューから「効果→スタイライズ→ドロップシャドウ」を選択。すると文字に影が付きます。 参考サイト
その他

名刺・チラシなど印刷物推奨「文字・線の太さ」最小サイズの目安。文字6pt以上。線の太さ0.3pt以上

【文字】4ptでもギリ読める。推奨は6pt以上。【線の太さ】0.25ptまたは0.3pt以上推奨が多いが0.5pt以上あると安心。※紙や色の組み合わせがあるので、あくまで参考程度でお願いします。 参考サイト ...
スポンサーリンク
Adobe(アドビ)

InDesign(インデザイン)のテキストフレームの大きさを文字に合わせてピッタリさせるやり方(方法)

「①文字」を右クリック。「テキストフレーム設定」を選択。「②自動サイズ調整」を選択。③で「幅のみ」→「高さのみ」の順番でどっちも選ぶ。するとテキストフレームが文字にピッタリします。 参考サイト
便利

全文字幅が同じ「等幅フォント」と、文字によって幅が違う「プロポーショナルフォント」の見分け方

「MSゴシック」は「等幅フォント」です。「MS Pゴシック」は「プロポーショナルフォント」です。「MS Pゴシック」の「P」は「プロポーショナルフォント」の頭文字なのでその部分で見分けられます。 参考サイト ...
Adobe(アドビ)

InDesign(インデザイン)で文字の大きさや行間、文字間隔を保存する方法

文字を選択した状態でプロパティタブの「①段落スタイル」の「③+」を押すと選択した文字の大きさを保存できます。 また、「②文字スタイル」の「③+」を押すと選択した文字の行間と文字間隔を保存できます。
Adobe(アドビ)

InDesign(インデザイン)で文字と文字の間隔を調整する方法

インデザイン上メニューの「書式→文字」で文字ウィンドウを表示します。 ①で文字と文字の間隔を調整できます。
Adobe(アドビ)

インデザインで好きな文字にルビを振る方法

ルビを振りたい文字をドラッグして選択。右クリックして「ルビ→ルビの位置と間隔」を選択。 ①で振りたいルビを入力。②種類は「グループルビ」をおすすめします。最後にOKで完了です。 参考サイ...
Adobe(アドビ)

illustrator(イラストレーター)で文字を円形に歪める(変形)方法

文字を選択した状態で上部メニューの「効果→ワープ→円弧」で文字を円形に歪めることができます。 参考サイト
WEB

ワードプレスで文字にルビを追加する方法

①ルビを追加したい文字をドラッグで選択。②プルダウンメニューをクリック。③を押すとルビが入力できるのでルビを記入後、最後にOKを押すと文字にルビが追加されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました