100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

印刷用紙の名前の後ろの「kg」とは?原紙を1000枚重ねた時の重さ

その他

「コート紙 90kg」、「上質紙 90kg」など
印刷用紙の名前の後ろの「kg」は
原紙(元の用紙サイズ)を1000枚重ねた時の重さです。
重くなればなるほど、用紙の厚みも厚くなります。


参考サイト

印刷用紙の名称の後ろに「kg」とありますが、なぜkgなのに厚みを表すのでしょうか? | 知らないと損をするネット印刷の話
印刷用紙の名称の後ろに付いている90kgの「kg」とは、紙の厚みの単位のことです。 しかし、数字を見ただけでは、実際どれくらいの厚みなのかイメージできないと思います。 そこで、一般的に使われるチラシやフライヤーなどの厚みを参考事例としてご紹介し、さらに、「業種や用途別でのオススメの用紙(厚み)」を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました