100文字でわかる百科事典『100文字百科』
スポンサーリンク

BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)を徹底比較。どちらが優れてる?

100文字以上

普段は100文字以内で様々なことを解説している「100文字百科」ですが、今回は特別大ボリュームでショッピングサイトが簡単に作れるBASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)を徹底比較します。

CM起用タレントを比較

CM起用タレントはとても大事な要素です。このショップで初めて買うけど大丈夫かなとなる時に、この人がCMやってるから大丈夫だろうと安心感につながります。

BASEの場合は香取慎吾さん

BASEは元SMAPの香取慎吾さんがCMキャラクターを担当しています。

STORESの場合はアンジャッシュの児嶋一哉さん

STORESはお笑いコンビのアンジャッシュ児嶋一哉さんがCMキャラクターを担当しています。

決済手数料を比較

1回の注文の総合計(送料含む)に対し、「決済手数料」がかかります。
その決済手数料を比較してみましょう。

BASEの場合:計6.6%+40円かかる

BASEの場合、「BASEかんたん決済手数料」と「サービス利用料」がかかります。

【BASEかんたん決済手数料】
1回の注文の総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円が「BASEかんたん決済手数料」としてかかります。

【サービス利用料】
1回の注文の総合計(送料含む)に対し、3%が「サービス利用料」としてかかります。

BASEかんたん決済に手数料はかかりますか?
BASEかんたん決済手数料とサービス利用料がかかります。 【BASEかんたん決済手数料】1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円がBASEかんたん決済手数料としてかかります。【サービス利用料】1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、3%がサービス利用料としてかかります。  それぞれの計算方法は、以下の通...

STORESの場合:5%または3.6%かかる

STORESの場合、月額料金で決済手数料が変わります。

【月額料金0円】
1回の注文の総合計(送料含む)に対し、 決済手数料5%かかります。

【月額料金2178円(税込)】
1回の注文の総合計(送料含む)に対し、 決済手数料3.6%かかります。

料金プラン|自分でつくれる本格的なネットショップなら、STORES
初心者でも簡単に、自分だけのネットショップがつくれるサービス「STORES」の、料金プランをご紹介します。

振込手数料&事務手数料で比較

売り上げから引かれるものは決済手数料だけではありません。
決済手数料の他にも、お金を引き出す時に「振込手数料」と「事務手数料」も引かれます。

BASEの場合:250円もしくは750円

【振込手数料】
一律250円

【事務手数料】
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円

振込申請時に手数料はかかりますか?
ショップ指定口座へ売上金を振込む際、振込申請ごとに以下の【振込手数料】と【事務手数料】がかかります。※振込申請額 - 振込手数料 - 事務手数料 = 実際の振込金額となります。【振込手数料】一律250円【事務手数料】・2万円未満の場合:500円・2万円以上の場合:0円

STORESの場合:275円もしくは550円

【振込手数料】
275円

【事務手数料】
・1万円未満の場合:275円
・1万円以上の場合:0円

Security check

売上失効までの期間で比較

ショップの売り上げをいつまでも引き出さずにいると売り上げが失効しています。
その失効までの期限を比較します。

BASEの場合:180日間で失効

売上が計上された日から180日間で失効します。
ショップにおいて過去に振込申請しており正常に振込完了した履歴がある場合は、指定された口座へ、失効期限後に自動的に振込まれます。

振込申請を行うのに期限はありますか?
売上残高の振込申請期限は、注文ステータスを「対応済み」に変更し、売上が計上された日から180日間です。売上金の流れについては【こちら】をご覧ください。振込申請期限までに、BASEにご登録のメールアドレス宛に期限が迫っている金額をご案内しております。申請期限以降は該当金額の振込申請をいただくことはできませんのでご注意くだ...

STORESの場合:180日間で失効

売上が計上された日から180日間で失効します。
振込先口座の登録をしていなかった場合や売上金が失効してしまった場合は、カスタマーサポートまでご連絡くださいとのこと。

Security check

その他の特徴で比較

BASEの場合:VISAバーチャルカード

BASEの場合、売り上げがすぐに利用できるVISAバーチャルカードがあります。
売り上げがそのまま利用できるので振込手数料や事務手数料が引かれません。

ネットショップ作成「BASE」の売り上げがすぐに利用できる「VISA」バーチャルカード提供(Web担当者Forum) - Yahoo!ニュース
ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を運営するBASEは、BASEを使用しているネットショップがショップの売り上げをクレジットカードブランド「VISA」の加盟店ですぐに利用できるバーチャ

STORESの場合

STORESの場合、「STORES決済」という実店舗やイベントで使える決済端末がもらえます。
実店舗やイベントでの支払い対応が便利になりますよ。

STORES 決済(旧:Coiney) |お店のキャッシュレスをかんたんに
ストアーズ決済なら、電子マネー決済1.98%、クレジットカード決済3.24%〜、初期導入費用・固定費は0円!全銀行で最短翌々日入金が可能。お手持ちのスマホと決済端末があれば、いつでも、どこでもかんたんにはじめられます。

まとめ:個人的にはSTORESの方がいいと思う

個人的にはSTORESの方がいいと思います。
決済手数料がSTORESの方が安いですし、唯一のデメリットがBASEと比較して振込手数料が25円高いというところだけだからです。
皆さんはいかがでしたでしょうか。
どちらを選びますか?

タイトルとURLをコピーしました